経営計画で経営はこんなに変わる

目標達成→業績アップ-3


経営計画を作成し、目標となる数値を定めると、その目標達成のために何をすべきかが見えてきます。
さらにその目標値と実際の業績との対比を行い進捗状況を確認することで、強みや弱みも見えてきます。それに重点的に対処することにより効果的に目標を達成することが可能となりるのです。
数値目標や経営指標を常に意識することで、目標達成→業績アップに繋がります。目標値を意識することで、目標を実現するために何をすべきが見え、問題点の改善、利益を出すためのアイデアの創出等、業績向上への取り組みが積極的にできるようになるのです。

まずは経営数値の把握から

経営計画の第一歩は、経営数値を把握することです。
目標値を設定する際にも現在までの経営数値を把握した上で設定する必要があり、またその目標値と実際の数値とを比較する上でも経営数値の把握は第一に必要となります。

経営数値の把握2-1

経営計画の進捗を見て計画を見直す

(説明画像作成)
①Plan:まず目標を設定し、それを具体的な行動計画に落とし込む。 ②Do:組織構造と役割を決めて人員を配置し、組織構成員の動機づけを図りながら、具体的な行動を指揮・命令する。 ③Check:途中で成果を測定・評価する。 ④Action:必要に応じて修正を加える。 一連のサイクルが終わったら、反省点を踏まえて再計画へのプロセスへ入り、次期も新たなPDCAサイクルを進める。
まずは短期的な目標値を定め、それに向かって一年間頑張りぬくことで、計画→実践の感覚を掴むことが大切です。つまりPDCA(PLAN→DO→CHECK→ACT)サイクルを定着させ、毎期これを繰り返すことで「感覚的な経営」から、目標数値を明確に意識した経営スタイルへと進化することができます。

ここで大切なことは、わが社は何のために存在しているのか?という意義、言い換えれば「経営理念」となりますが、これがビジョン、経営戦略、経営計画そして日々のP-D-C-Aサイクルと首尾一貫していることが、ぶれない経営に繋がります。

会計システムと連動した経営計画の作成を支援します

会計システムと連動

TKCの会計システムを利用して会計情報を経営に活かす手段を提供します。統一された会計システムを利用すれば経営計画時に必要となるデータを即時用意することができ、データ作成のコスト&労力をカットでき、いつでも正確で整理されたデータを経営に役立てることができるのです。

融資や補助金などにも実現できる経営計画

融資や補助金を受ける際に有利に働くのが経営計画資料です。

融資や補助金
神戸会計ドットjpヘッダー
専用メールフォーム
お問い合わせ

運営:株式会社MAC経営 0120-197-233 「神戸MAS経営コンサルティングを見た」とお伝えください。

お問い合わせボタン

小藤会計事務所リンク
ページの先頭へ