事業改善のポイント

業績改善の重要なポイント

業績改善における重要なポイント。まずは「会計データの分析」です。会計は経営を把握するために生まれたものです。分析から出てきた情報を元に実際にどういった問題なのかを把握し計画を立て実施するためには「幹部社員を含めた経営会議」は欠かせません。
実施をチェックし結果を把握しなければすべては水の泡です。そのためには「PDCAサイクル」が重要になります。神戸MAS経営コンサルティングではこのポイントを押さえて、神戸周辺地域の企業に今より飛躍していただく力強いバックアップをいたします。

POINT1
会計データ分析の流れ

会計データを分析する

財務分析で問題箇所を大まかに把握
会計データP/L科目で問題箇所を特定
仕分けデータから問題を特定
KPI(重要業績評価指標)を設定、又は照らし合わせ業績との関連度を評価
経営者又は幹部社員と分析内容について検討(経営会議)
会計データ分析

分析から指摘される問題箇所について何故そのような問題がおきているのか?改善の必要性があるか?改善するためにはどのような手法があるか?を検討します。

POINT2
経営会議の流れ

幹部会議の重要性

経営コンサルティング(MAS)は経営者を補佐する小さな会社のCFO(最高財務責任者)を担うサービスです。
ですが経営の改善は経営者だけで進める事はできません。
幹部社員にも問題把握をしてもらい一人一人が改善へのアイデアを出し思いを共通にしていく事が非常に重要です。

MAS実施の際にはこの重要な会議がスムーズに進むようサポートいたします。

幹部社員を含めた経営会議
POINT3
PDCAサイクル

PDCAサイクルをまわす

改善手法を考えそれを実行する際にはKPI(重要業績評価指標)を設定し数字的に経営計画を設計することが重要です。

PDCAサイクルとはP(PLAN設計)、D(Do実施)、C(Check実施した結果の確認)、A(Action改善、方向修正を実施)をまわして経営を常に良い状況に持っていくサイクルを言います。
PDCAサイクルをまわすためにその仕組みを社内に浸透させる事も経営コンサルティング(MAS)を導入する大きな理由になるはずです。

PDCAサイクルをまわす
神戸会計ドットjpヘッダー
専用メールフォーム
お問い合わせ

運営:株式会社MAC経営 0120-197-233 「神戸MAS経営コンサルティングを見た」とお伝えください。

お問い合わせボタン

小藤会計事務所リンク
ページの先頭へ